あわせて読みたい記事

レッドレッドの1日

1階レッドレッドがどんなお店なのか。
1日の流れを書いてみたいと思います。
 
 
まず、18時オープンから19時までは、
オンステージなどはなく、
まったり店員さんや女の子と話す時間ですね。
 
この時間がいいっていうお客さんも結構いるみたいで、
これが終わったらすぐ帰っちゃう人もたまにいます。
 
 
で、19時位からいよいよショーのスタート。
最初はゲリラショーといって、
フロアに居る女の子が各席に回って挨拶に来てくれます。
 
ここで顔と名前を覚えておくといいですね。
 
 
ゲリラショーがひと通り回ったら、
女性一人によるオンステージショーがあります。
 
だいたい、2,3人のオンステージショーがある感じです。
 
 
オンステージショーが終わると、今度はゲームの時間です。
ゲームの内容はお客さんの数などでかわりますが、
レッドレッドで行われるゲームの一例としては、
 
・けん玉ゲーム
・紙飛行機ゲーム
・腰のフラメンコ
 
ですね。
他にも色いろあるんですが、よく見るのがこの3つですね。
 
紙飛行機ゲームは紙飛行機をおって、
ステージに設置されるゲートをくぐらせれば
お店で使えるチケット1000円分がもらえます。
 
 
けん玉ゲームは成功すると、玉を乗せる場所によって
フードがもらえたり、アルコール1杯もらえたりなどがあります。
 
もちろん、難易度の高い場所であればあるほど、
ゲットできる特典も良くなります。
 
 
さて、3つ目の腰のフラメンコ。
ある意味、アポロビルのゲームではかなりメジャーなゲームです。
 
万歩計を腰につけて、音楽が流れている間動き続けて、
回数を競うというゲームです。
 
優勝するとステージ上でちょっと恥ずかしいサービスが受けられますw
優勝するボーダーとしてはだいたい200回位ですかね。
 
 
で、ゲームの時間が終わると、お客さんも増えてきてるんで、
またゲリラショーが始まり終わったらオンステージショーです。
 
途中、フルーツタイムという女の子からフルーツを1000円で買って
◯◯できる時間がはさまれることもあります。
 
 
そうして、8時半になるといよいよレッドレッドのメインショータイム、
「レビューショー」の時間になります。
 
レビューショーというのは、女の子が2人〜4人位のチームになって、
音楽に合わせてステージ上や店全体を使ってダンスをするショーです。
 
詳しいことはまた別の記事でお伝えしますが、
1回のレビューショーでだいたい3回位のショーがあります。
 
 
このレビューショーが終わると、メンバー紹介が始まります。
ここが名前と顔を覚えるチャンスですね。
 
ちなみにレビューショーが終わるたんびにメンバー紹介があるので、
もし、1回めで覚えられなかったら2回めに期待しましょう。
 
その後は、またゲリラショーがスタートし、
終わったらオンステージショーやゲームの時間、
時折フルーツタイムがはさまりながら、
また、レビューショーがあるってかんじです。
 
 
レッドレッドはこの3回のレビューショーを中心に、
それを挟む感じでゲームやオンステージ、フルーツタイムがあるという流れですね。

スマホ専用AV女優と出会えるアプリ

SAYA160312110I9A3798-thumb-autox2000-22018


コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ